Song for Beer Gift

「花束を贈る感覚で、手土産を君に。」

「花束を贈るだなんて。」と照れるならば、そんな気持ちでビールを贈れば良い。花はいつか枯れるし、ビールを飲めばグラスは空だ。そして「花束楽しむワンツースリー」は、ビールを丁寧に味わう順序とどこか似ている。

 

1.見た目を愛しむ。

2.鼻に近づけその香りを感じる。

3.その生まれやストーリーを想い、変わりゆく季節を想う。

 

そう、受け取ればどちらも「良い香り。」となるだろう。つくり手の想いは花言葉のように大切に込められている。ビールに想いを込めて贈れば花束のようだ。

華やぐ香りがする、自然や季節を感じる、花が咲く果物や植物を使用しているビールをセレクトした「あおにさい酒店」の花束をどうぞ。

 

森は生きている ミックスベリーver. (高尾ビール)

「高尾に暮らす私たちが、山でもふもとでも楽しく過ごせたら。」という想いをもとにビールをつくりはじめた「高尾ビール」。「森は生きている」は高尾の季節を感じられる素材をつかったビールのシリーズです。夏の醸造所の周りで手摘みしたブルーベリー、桑の実(マルベリー)、ブラックベリーの3種のベリーで爽やかな酸味のあるビールに仕上げました。


 

コリアンダーブラック(NORTH ISLAND BEER)

カナダでの修業を基に、ブルーマスターによって醸造している『NORTH ISLAND BEER』。多種多様のビールを楽しんでもらいたい想いから醸造を行ない、北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。濃厚な黒ビールにコリアンダーを使用。コリアンダーの華やかで爽やかな香りと黒ビールの豊潤で深いコクが見事にマッチした、爽快で味わい深いフレーバービールです。

ギークスオンリー(Son of the Smith Hard Cider)

長野県、大町の小澤果樹園と小諸の宮嶋林檎園のジョイント&ジプシーサイダリーとしてうまれたサノバスミス。2015年春、米国オレゴン州のHARD CIDER・CRAFTBEERをめぐるの旅の中で受けた影響や生まれたアイデアをつめこみ、日本のリンゴ畑からつくった一本。

現地のサイダリー(醸造所)で学んだことを活かしながら、日本でそだったリンゴの良さが生きる味わいをめざしました。原材料にグラニースミスと少量のアメリカ原産のサイダー専用品種のみを使った、シャープで爽快な口当たりが特長です。メンバーがコンセプト設計から原材料生産、醸造、製品化まで携わることで完成した全てのアウトドアファンとクラフトギークにお届けしたいHARDCIDERです。

販売店舗「Vegetable Corporation」

オンラインショップ「Vegetable Record Online Shop」

ビールと遊ぶきっかけを作る架空の酒屋。「一杯のビール」に焦点を当て、それぞれの個性やブルワリーの想いを汲み取りそれを活かしたシーンとのペアリングを提案しています。

aonisaisaketenn.wordpress.com

「音楽の新しい楽しみ方を創る」をコンセプトに掲げた、音楽レーベル。​2017年9月、レーベルの直営店「Vegetable Corporation」を浅草にオープン。所属アーティストの作品発表に加えて、「音楽付きビール」「音楽付きコーヒー豆」など音楽を使ったプロダクトデザイン、商業空間・イベント会場へのオーダーメイドBGM制作など音楽を使った空間デザインを手がけています。

www.vegetablerecord.com

Copyright © Vegetable Record